名古屋のクリニックで処方されたザガーロで薄毛の悩みが解消しました

髪の毛の調子が気になり始めたのは中学生

/ 株式会社サイコー

髪の毛の調子が気になり始めたのは中学生 : 育毛剤や髪の毛によいシャンプーなどを購入した : ザガーロと呼ばれる薬が処方された

子どもの頃は、髪の毛がとても多くきれいな感じがとても自慢でした。
少し髪の毛の調子が気になり始めたのは中学生になってからのことです。
中学校では小学校までとは違い、部活動には必ず所属しなければいけません。
いくつかある部活動の中から、少し興味のあった剣道を選ぶことにしました。
剣道をする時には防具を身に着ける必要があり、一式揃えるとかなりの金額です。
あまり裕福な家庭ではなかったので、剣道の防具は余分に購入することはできません。
練習中はずっと身に着けることになるため、あまり衛生面でよいとは言えない状況でした。
剣道部の練習はとてもきつく、終わるころには体中が汗で濡れてしまします。
頭部はお面の下にタオルなどを巻くため、湯気が見えるほど蒸れた状態です。
このような練習が毎日続いていたためか、入浴中にシャンプーをすると抜け毛が目立ちます。
中学生だったため髪の毛の状態について詳しく知らなかったため、しっかり洗ってれば大丈夫だと軽く考えていました。
高校生になっても剣道は続けていたので、毎日シャンプーをしています。
髪の毛の様子は、中学生の頃よりも少し少なくなっているように感じましたが特に対策などはしていませんでした。