古本と古書の違い|古い本を売る前は要注意!古書は専門店で買取ってもらうのがお得かも

古本と古書の違い

お金と電卓

古本と古書の違いはご存じですか?

「どちらも古本のことではないの?違いなんて無いんじゃないの?」と思っている方も多いですよね。
そんな方の為にここでは古本と古書の違いについてまとめていきたいと思います。
まず、皆さんがよく目にする「古本」ですが、こちらは比較的新しい本になります。
新しいと言っても状態が新しいという意味ではありません。

まだ本屋さんで販売されている、絶版になっていない、出版社に在庫があるといった本になります。
数年前に流行した小説やハードカバー、漫画などは古本にあたります。

一方「古書」とはアンティークとしての価値や歴史上の価値があるものになります。
そして絶版になっていてもう出版社では取り扱っていないものになります。
例えば江戸時代や明治時代の肉筆書や哲学書、思想書などです。
美術書や専門書、もう販売されていない昔の漫画なども古書として扱っている古書買取専門店もあります。
量販されていない古書も多いので歴史的価値が非常に高く、古書を買い求める人の目的も様々です。
コレクション目的の人もいれば、学術的理由の人もいます。
歴史研究家や、教授なども多いです。
手に入れるのが困難な古書も多いため、古書販売店を一軒一軒巡って欲しい本を探し求める人も数多くいます。
その中でも非常に価値の高い古書や、大昔の現存しているだけで珍しい本は博物館に展示されたりもします。
今度、博物館に行った時は古書をよく見てみて下さいね。